2018年5月21日月曜日

田植えの春、決意を新たに


畠山和也 前衆院議員
「国民の願いを胸に」

 桜前線も北海道各地へ到着し、遅く短い春が始まりました。
田畑で農作業に励む農家の姿が見られ、牛たちが草を食(は)む
様子も目にするようになりました。この季節ならではの生命の
躍動感に触れながら、道内をまわっています。
 札幌の「女性のつどい」で、食と農業をテーマにしたグルー
プトークに参加しました。食品表示やアレルギーなどに
ついて、「実家が農家です。コメの交付金もなくなるし、
これで農家はやっていけるんでしょうか」と切実な話も
ありました。生産者と消費者がつながることが大事だね、と
参加者みんなで確認しあいました。
 国会では、11カ国による環太平洋連携協定(TPP11)が審議中です。米国が抜け
ても農産物輸入の拡大枠は変わりません。そのうえ米国は、日本に対して新たな農産
物輸入求める方針でいます。まさに農家にとってはダブルパンチ。ここまで農家を痛
めつけておきながら、安倍政権は「外国に売って生き残れ」と農家に迫るばかりです。
 「この集落に10戸以上いた農家も、今は3戸だけ」と、かつて語っていた方を思い
出しました。耕作放棄とならないよう農地を引き受けて、食料生産も地域経済も守る
ため、ふんばっている方が多くいます。利益最優先で地域切り捨ての安倍政権を早く
切りかえたいと、特にこの春は強く感じます。
              (しんぶん赤旗 2018.5.19掲載)


2018年5月17日木曜日

原発事故は収束していない


岩渕 友 参院議員
「国会かけある記」

 東京電力福島第一原発事故から7年2ヵ月が経ちました。
この間、安倍政権によって原発事故を終わったことにしよう
とする動きが次々出てきています。
 福島県内には、空間の放射線量をリアルタイムで測定する
「モニタリングポスト」が設置されています。原子力規制庁
は、多くのモニタリングポストを撤去し、昨年避難指示が
解除された地域に配置するといいます。しかし、「モニタ
リングポストは空間放射線の情報を自分の目で確認できる
唯一のもの。原発事故は収束していない。撤去しないで」
など、反対する声があがっています。
 また、原発事故による放射性物質を取り除くための「除染」で出た放射性汚染土
を、公共事業に利用する実証事業が進められています。その一つが二本松で計画
されており、汚染土を道路の路床材として使うというもの。「汚染土を道路の下
に最終処分するということか」と怒りの声が広がっています。
 住民のみなさんが運動を広げ、政府交渉をするなかで、モニタリングポストの
一方的な撤去はしないこと、実証事業は検討するという回答を引き出しています。
 エネルギー基本計画の見直しが進められていますが、政府は原発を引き続き
「重要なベースロード電源」と位置づけ、2030年に原発が電力に占める割合を
20~22%としています。しかし、財界などが要望していた新増設は盛り込む
ことはできませんでした。原発ゼロと再生可能エネルギーへの転換へ、引き続き
頑張ります。
 

2018年5月9日水曜日

終止符を安倍政権に


紙智子 参院議員
「国会かけある記」

 5月1日のメーデー、いつもなら少し肌寒く桜もようやく
咲きはじめる頃ですが、今年は満開の桜の下をデモ行進しま
した。長く雪に閉ざされ、今か今かと待ちかねていたよう
に、すべての芽吹きが一斉に始まる北海道の春。本州では、
2月に梅が3月に桜が、という順番ですが、北海道は違い
ます。今年は桜よりも梅のほうが後になりました。
こぶしの花も今咲いています。生命の爆発的なエネルギー
を感じます。
 メーデーが終わると高知に飛び「森林管理法案」
について関係者と懇談しました。小規模林業が外されるのではないかと言う不安
とともに、木に対する情熱を感じました。
 3日の憲法記念日は、大通り公園で行われた市民と野党の合同集会に参加しま
した。森友・加計疑惑に、公文書改ざん、財務省官僚が2人も辞任に追い込まれ
ても、財務大臣の責任は問われず。民主主義とはほど遠い政権運営、本来なら
内閣総辞職にあたいするところです。国民の支持率が急落しても安倍総理が政権に
しがみつくのは、憲法9条改憲への異常な執着心からです。昨年の憲法記念日に、
「2020年を新しい憲法が施行できる年にしたい」と発言し、今年3月の自民党
大会で「いよいよ憲法改正の時が来た、自衛隊の違憲論争に終止符を打つ」と
言っています。
 盗聴法、秘密保護法、共謀罪法と、国民の目と耳と口をふさぐ弾圧法を強行して
きた安倍政権。終止符を打つべきは安倍政権です。緊張感が走る連休明けです。

2018年5月2日水曜日

共闘広げ安倍政権退陣へ


岩渕友 参院議員
「国民の願いを胸に」

 「安倍政権はいつやめるのか。どれか一つでも総辞職しな
くちゃいけない問題ばかりじゃないか」-街頭宣伝でこう声
をかけられました。隠ぺい、改ざん、ねつ造、圧力、セクハ
ラなど、安倍政権のもとで次つぎ出てくる大問題に国民の
みなさんの怒りが広がっていることを感じます。
 野党6党は与党に、麻生財務大臣の辞任、総理秘書官だった
柳瀬氏の証人喚問など4項目の要求を突きつけていますが、
ゼロ回答のまま。審議の前提を壊しているのは与党です。
 ところが野党抜きで審議し、「働き方改革」法案まで
進めようとしています。「働き方改革」は裁量労働制の拡大をめぐってデータの
ねつ造が行われ、この部分が削除されましたが、長時間労働を加速させる高度プロ
フェッショナル制度や、過労死ライン超えの時間外労働を認める「働かせ方改悪
法案」です。
 野党6党は一致結束し、国会内での合同決起集会を何度も開き、森友、加計、
セクハラなど、野党合同ヒアリングは70回を超えました。これまでにはなかった
ことです。
 野党がここまで結束することを想定していなかったのか、与党はすっかり元気が
ありません。自民党幹部からも「麻生大臣辞任も一つの選択肢」という言葉が飛び
出しています。野党を後押ししているのは国民のみなさんです。市民と野党の共闘
を広げて安倍政権を退陣へ。私も頑張ります!
               (しんぶん赤旗 2018.4.28掲載)

2018年4月25日水曜日

もっと領土交渉に力を


畠山和也 前衆院議員
「かけある記」

 元気に道内各地をまわり、先週は道東地方へ。標津町では
銘菓「標津羊羹」を口にしながら、弟子屈町ではおいしい
コーヒーをいただき、鶴居村では薪ストーブのぬくもりに
包まれながら、各地の「つどい」に参加しました。どこでも
安倍政権への怒りや不満が出されて時間が足りなくなるほど
です。
 根室市では、千島歯舞諸島居住者連盟のみなさんと懇談
しました。領土問題の根本的解決とともに「島に残して
きた家財道具などの財産保障を」「墓参や自由訪問を柔軟
に、そもそも墓までの道を整備してほしい」などの要求もうかがいました。
 この2年で業者20件が廃業するなど、根室市経済にも打撃が広がっています。
ロシアによるサケ・マス流し網漁の禁止などもあり、昨年の総水揚げ量は市制
施行後で最低でした。魚がなければ地元の水産加工や運輸業者は仕事がありません。
業者に余裕がないため、元島民2世・3世が返還運動に参加する時間が取れなく
なっている実情も聞きました。
 今月28日はサンフランシスコ条約が発効し、日本側が千島列島を「放棄」
した日。領土問題の未解決が、これだけ元島民や根室市民などを苦しめています。
元島民の平均年齢は83歳を超え、ロシアとの本腰の交渉を急がなければなりま
せん。米国から旧ソ連軍への武器貸与や、米ソ共同訓練の歴史も判明してきており
史実の検証も課題です。昨年、領土交渉について安倍首相に質問した「続き」を
しなければ!

2018年4月19日木曜日

安倍政権は退陣に


岩渕 友 参院議員
「国会かけある記」

 経済産業省の「エネルギー教育モデル校」制度に基づい
て、町立ニセコ高校での公開講座に関わって起きた「教育
への不当介入」事件。北海道経済産業局の幹部が講演直前
に講師を訪ね、東京電力福島第一原発事故の水素爆発時の
写真や原発コストの資料について、「特定の見方」「印象
操作」だと変更を求めたというものです。文部科学省に
よる前川前文部科学事務次官の授業に不当に介入した
ことに続く大問題です。
 畠山和也前衆院議員が道経済産業局へ抗議を行い、
衆院経済産業委員会で笠井亮議員が「原発の広報推進の立場から圧力をかけた介入
ではないのか」と追求。世耕経産大臣は「誤解」「反省する」と答弁しましたが、
「誤解」などではなく、国の原発推進政策がこの問題の大もとにあります。
 原発再稼働のために、福島の事故を終わったことにしようとする安倍政権に対
して、福島県民の怒りはとりわけ大きいものがあります。直近の県民世論調査では、
安倍政権の支持率は24.4%になりました。いまやこの怒りは多くの国民のもの
となり、全国の世論調査でも支持率は20%台に落ち込んでいます。
 安倍政権が国政を私物化し、悪政を強行しようとするもとで、今回のような圧力
問題、隠ぺい、改ざん、ねつ造、セクハラなど、問題が次々と吹き出しています。
憲法を壊し、民主主義を壊す、安倍政権は総辞職しかありません。市民と野党の
共同の力を広げて、安倍政権を退陣に追い込みましょう。

林業振興で防災と環境守る

 
紙智子 参院議員
「国民の願いを胸に」

 東北と北海道で中間選挙が目白押しです。岩手県八幡平(はち
まんたい)市議選では、山本栄さんの後を受け継ぐ斉藤たかお
さん、高橋えつろうさんの応援に行き、米田さだおさんを含め、
現有3議席を必ずと訴えました。
 中心課題は人口減少の問題です。過疎化の進行が地域の衰退に
拍車をかけています。これは八幡平市だけではなく、全国的な
課題です。人口減への対応策、住みやすいまち、魅力あるまち
づくりに奮闘する党議員団の役割の大きさを感じました。
 基幹産業を支えるためには、市の森林の7割をかかえる安代
(あしろ)地域では、林業振興を図るために、再造林ができる原木価格を保障する
こと、広葉樹の植林を奨励し普及を図ること、既存の林業・作業道の整備などを掲げ
ています。
 いま国会には「森林経営管理法」という新しい法案が出されています。輸入自由化、
市場原理にまかせて木材価格の底上げをしない林業政策の失敗を棚に上げ、大規模化、
効率化を進める素材生産者を支援するという、とんでもない内容です。
 規模は小さくても環境保全を図り、地域の防災の担い手となる林業者を国の責任で
支援すべきです。官邸主導で押しつける政策が多い中で、現実に山林を抱え、苦労
されている現場の人たちが求める切実な要求を政策に反映させることが必要だと痛感
しました。    (しんぶん赤旗 2018.4.14掲載)