2018年1月12日金曜日

声上げ9条改憲断念させる


畠山和也 前衆院議員
「新年の決意」

 昨年末に2019年参院選の北海道選挙区候補となることを
発表しました。北海道・東北を活動地域にする紙智子参院議員
の再選と比例7議席獲得、そして定数3の道選挙区で議席獲得
へ新たな決意で立ち向かいます。
 私の決意は、参院選を待たずに安倍政権を終わらせる、安倍
首相が執念を燃やす9条改憲を世論と運動の力で断念させ
たい。国会発議できなければ、安倍政権はもちません。
 候補発表後にオホーツク管内を回った時、ある党員から
総選挙での対話を聞きました。お孫さんが自衛隊員だという
女性に「戦争させないためにも共産党へ支持を」と呼びかけたところ、女性は「実は
娘(隊員の母)からも言われているの」とのことでした。党道委員会の3000万
署名行動に、現職の隊員が進んでサインする姿にも出会いました。
 声に出せない声があるのに、公然と声を上げられる私たちが静かにしている場合
じゃない。動いて語ってつながって安倍改憲を包囲する先頭に立たなければと痛感
しました。
 党道委員会の旗びらきには、市民の風・北海道と野党のみなさんが参加してくだ
さいました。協力・共同してきた労組・諸団体のみなさんと交流を深めました。
思いは「9条改憲を許さない」です。
 議員バッジは失っても、決意と情熱を失わず、北海道を駆け回ります。今年も
よろしくお願いします。
             (しんぶん赤旗  2018.1.9掲載)

2018年1月10日水曜日

9条改悪を止める先頭に立つ決意で


畠山和也 前衆院議員
「かけある記」

 昨年末に、2019年参院選の北海道選挙区から立候補する
ことを発表しました。紙智子参議院議員の比例区での再選と
日本共産党7議席への前進、そして定数3の道選挙区で議席を
勝ち取るためにがんばります。よろしくお願いいたします。
 過去2回は森つねとさんが選挙区候補として、日本共産党の
躍進と「市民と野党の共闘」での先頭にたってきました。
その奮闘を引き継ぎつつ、国会での2年10カ月の経験を
フルに生かしていきたい。フットワーク軽く道内をまわって
要求を聞き、政策や国会論戦にも反映させて、新しい政治を
つくる先頭に立ちます。
 何より今年は、安倍首相の9条改憲という野望をストップさせて、参院選より前に
退陣へ追い込む活動を強めたい。オホーツク管内をまわった時に、地域の党員から
総選挙での対話の様子を聞きました。お孫さんが自衛隊員という高齢の女性へ
「戦争させないために日本共産党の支持を」と呼びかけたところ、この女性から
「実は娘(隊員の母)からも同じようなことを言われている」と話されたそうです。
表に出せない声があるなかで、公然と声をあげられる私たちががんばらなければと
思ったのでした。
 改憲案を発議できないほどの世論となれば、安倍政権は立ち行かなくなります。
じっくりと、ていねいに、9条の意義を語っていきます。教員を務めた私の政治の
原点は「教え子を再び戦場に送らせない」。議員バッジは失っても、決意と情熱は
なくしません。

憲法を生かす政治へ


岩渕 友 参院議員
「新年の決意」

 新年あめでとうございます。みなさんは新しい年をどんな
思いで迎えられたでしょうか。
 年末、安倍9条改憲阻止3000万人署名をもって歩き
ました。「父を戦争で亡くした。父のことは何も覚えて
いない。戦争だけはダメ」といって署名をしてくれる方
など、こうした平和への思いが憲法を守る力になってきたの
だと感じました。
 街頭では「戦争になったら行くのは自分たちの世代。9条
守りたい」といって、学生さんが自ら署名してくれました。
 アベノミクスで国民のくらしは良くなるどころか悪くなるばかり。社会保障や生活
保護が削られようとしています。こんな政治は終わらせて、憲法をくらしにいかす
政治の実現へ。多くの方々と力を合わせ、改憲発議を許さない運動を広げたいと思い
ます。
 東日本大震災と原発事故から7年目を迎えます。
 広島高裁が伊方原発の運転差し止めを命じる決定を行い、生業(なりわい)訴訟
では国と東京電力を断罪する判決が下されました。原発ゼロを願う運動が確実に前進
を築いています。エネルギー基本計画の見直しが進められていますが、原発ゼロと
再生可能エネルギーへの転換実現のためにも運動を広げたい。
 「安倍政権じゃダメだ。野党が力を合わせて頑張ってほしい」という声がどこでも
寄せられています。市民と野党の共同を広げ、新しい政治の実現へ全力を尽くします。
               (しんぶん赤旗  2018.1.7掲載)

2018年1月6日土曜日

亡き母の言葉を胸に


紙 智子参院議員
「新年の決意」

 1日、2018年のスタートは、札幌市の白石神社と厚別
神社前の2カ所の街頭演説から始まりました。
 昨年12月に亡くなった母の93年の生涯に思いを巡らしなが
ら、新年のあいさつをしました。母の父親のルーツは青森です。
いつも言葉少なに応援してくれる母。私が政治に目覚め、遠く
北海道から離れて東京に出ることになった時も、「智子がやっ
てみたいというのだからやらせたら…」と言って応援してくれました。
 10代の娘時代、北海道の貧しい農村から東京に出て、
お手伝いさんとして働いた母。戦争の時代にあっても、最も
多感な時期に、都会の文化や暮らしや、異国の思想や環境にふれたことが、人生の
中でかけがえのない思い出として胸に残っていたから、励まし応援してくれたのだ
と思います。
 戦争で多くの若者が、同世代が命を落としました。生還した父と盆踊りで知り合
い迷うことなく結婚し、私を含め4人の子どもを育てました。農業労働は厳しかった
と思いますが、朝早くから、夜遅くまで働き、冬の農閑期には、家族みんなのセー
ターを編んでくれました。
 「安心して暮らせる世の中にするために、頑張りなさい」という母の言葉を胸に、
ひたむきに生きたい。二度と戦争させない。憲法9条を変えさせない決意で、「安倍
改憲ノー」の3000万署名に取り組み、来年の統一地方選挙、参議院選挙で、勝利する
ために、全力でがんばります。
                (しんぶん赤旗 2018.1.5掲載)


2018年1月5日金曜日

2018年新春メッセージ「かけある記」


紙 智子参院議員
「共同を広げ党の前進を開く年に」

 市民と野党の共同への努力が、安倍暴走政治を追い詰め
つつあります。共同を広げながら、党の前進を切りひらく
新しい挑戦が始まる年です。
 安倍政権が進める憲法改悪を阻止し、原発再稼働、消費税
の増税、農林水産物の歯止めなき自由化を許さないたた
かい、JR北海道の路線存続へ、道民の足をまもるなど、
切実な願い実現に取り組みます。
 来たるべき国政選挙と統一地方選挙で躍進をめざし、
ご一緒に力を合わせましょう!

岩渕 友参院議員
「暴走政治から憲法とくらしを守る」

 総選挙で広がった市民と野党の共同は、新しい国会でも
力を発揮しています。紙智子参院議員、畠山和也前衆院議員
と力をあわせ、共同を広げるとともに、安倍政権の暴走から
憲法とくらしを守るために奮闘する決意です。
 国会では、原発事故をめぐって、避難を自己責任とした
前復興大臣に辞任を迫り、原発ゼロの政治決断と再生可能
エネルギーへの転換を求めました。引き続き、
みなさんの声を国会に届けるために力を尽くします。


畠山和也前衆院議員
「憲法にこだわる1年に」

 昨年は総選挙で、あたたかいご支援をいただきました。
新しい年に、新しいたたかいの始まりです。しっかり力を
つけ、くらしと地域に根ざして声を聞きながら、次なる
政治戦に臨みます。
 何より今年は、憲法にこだわる一年にしたい。宣伝の
なかで、自衛官の方も署名に応じてくださる場面がありま
した。焦点である9条改悪を止める条件は十分にあり
ます。安倍政権を終わらせる、北海道からのうねりを
つくる先頭に立ちます。



2017年12月28日木曜日

前進する「「原発ゼロ」運動


岩渕 友 参院議員
「国民の願いを胸に」

 広島高裁が四国電力の伊方原発3号機の運転差し止めを
命じる決定を行いました。決定は約130㌔の距離にある
阿蘇山の噴火の影響を指摘し、火山国の日本で原発を動か
すことがいかに危険か、警鐘を鳴らすものとなりました。
 決定が出た直後、官邸前抗議行動に参加しスピーチしま
した。寒いなか、いつもより多くの方々が参加しており、
一緒に声をあげました。京都の行動ではくす玉を用意して、
決定をお祝いしたとか。22日の官邸前行動にはさらに多く
の方が参加しています。
 新潟県では米山知事が、福島原発事故の検証なしに柏崎刈羽原発の再稼働の議論
はできないという立場を堅持し、10月に行われた生業(なりわい)訴訟判決は国と
東京電力の責任を断罪しました。全国に広がる原発ゼロを求める世論と運動は、
確実に前進を築いています。
 安倍政権はこの一年、再稼働のために、前復興大臣が「避難は自己責任」と発言
したように、原発事故を終わったことにする動きを加速させてきました。最近も
損害賠償や除染の問題など、次々と相談が寄せられたいます。
 エネルギー基本計画の見直しが進められていますが、経団連などからは原発の
新増設を求める声があがっています。許すわけにはいきません。引き続き、安倍
政権に原発ゼロの決断を迫り、福島切り捨てを許さないたたかいを広げるために
力を尽くします。
             (しんぶん赤旗 2017.12.26掲載)

2017年12月22日金曜日

国民の苦悩見えない安倍政権にノー


紙 智子 参院議員
「国会かけある記」

 特別国会が終わりました。「丁寧に」「謙虚に」と言う
安倍総理の言葉の軽さ。森友・加計問題で、言い逃れる
ばかりで疑惑が深まるばかりでした。
 国民の苦悩も見えない安倍総理。農業においては、来年度
から米の直接支払交付金の廃止(戸別所得補償の廃止)で
どれだけ生産者の所得が減るのか、歯止めなき自由化路線
が、どれだけ農業・地域経済の打撃になるのかを見ない。
 北海道での実弾演習もひどい。防衛省に対し畠山和也
前衆議院議員と、11月27日から12月5日にかけて
行われていた別海町矢臼別演習場での沖縄駐留米海兵隊の実弾射撃訓練について、
中止を求めました。「沖縄の負担軽減のために全国5ヵ所に分散してやる、訓練は
沖縄の訓練と同質同量」「酪農地域なので早朝と夜間はひかえる」と受け入れ自治
体に約束していたのに、夜間訓練はやる、SACO合意になかった小火器実弾訓練
はやる、残虐兵器の白リン弾も使うなど、なし崩し的に拡大していると抗議しました。
 沖縄の負担軽減と言いながら、オスプレイの配備や相次ぐ事故など、沖縄の負担
は拡大しています。基地があるから繰り返される、この上さらに軍事力強化、憲法
9条まで変えようとする安倍政権にノーの声を突きつけましょう!
 直近の世論調査でも「来年の通常国会で改憲発議に賛成は20.9%、反対は
68.4%と示されています。「安倍9条改憲ノー!」の3000署名を広げ
に広げ、断念させましょう!